傾向と対策  ~ 問題構成と回答のポイント ~

TOEICリスニング・セクションの傾向と対策

TOEICにおいて、高スコアを取得するためには、問題の傾向を知り、事前に対策を練っておくことが大切です。これだけで、100ぐらいスコアが変わることも珍しくありません。スゴク重要です。

このページではリスニングセクションの傾向と対策について見ていきます。

 

TOEICリスニングセクションの傾向

 

Part I 写真描写問題 20問

1枚の写真をみて質問に答えるという形式です。 1問ごとに4つの英文が流されるので、その写真の内容を的確に 表現している英文を選ぶというスタイルです。

流れてくる英文は全て短文(フレーズがひとつ)ということもあり リスニングセクションの中でも、最も簡単です。写真をみて、ある程度内容を予想できるというのもカンタンである理由のひとつです。

上級者であればパーフェクトがノルマですね。

PartⅠでてこずるようであれば、基本的にリスニング能力が不十分 と言って間違いありません。基礎力をつけることが第一です。

 

Part Ⅱ 応答問題 30問

質問文と回答文がセットになっているのがPartIIです。 最初に短い質問文が流れてきます。そのあとに英文が3つ流れてきますので、 質問文に対する回答として、最も適切なものを選びます。

聴き取らなければいけない英文の量が増えるので、ハードルが高くなります。 また、様々なパターンの質問文が流れてくるので、そういった英語の質問文の パターンに慣れる必要があります。

 

Part III 会話問題 30問

2人の人物が話す会話を聞き、その内容に対する質問に答える形式です。 会話文と質問文、回答文と全て英語で流れてきますので、ますますハードルが高くなります。 

回答文の選択肢は4つです。

このあたりになると、リスニング能力+事前に回答文を読んでおくといった テクニックも必要になってきます。

ただ流れてくる英文をただ聴いて回答するというやり方では、 相当のレベルにある人でもスコアを取りこぼす可能性があります。

このへんはテストと割り切って、回答テクニックにも精通しておきましょう。 これについては、後ほどお伝えします。

 

Part IV 説明文問題 20問

長文を聴いて、その内容に対する質問に対する回答を選ぶという形式です。 質問文と回答文は問題用紙に印刷されています。その点は楽なのですが、 問題は1つの英文について2つから3つの質問があるということです。

ですから、長文の内容を隅々まで理解して、しかも質問に答えるまで覚えて おかなければいけません。

予め質問文を読んでおいて、聴き取るポイントを把握、そこに照準を絞って英文を聴く、 また、聴こえてくる内容のなかで重要な部分をメモしておくといったことも必要です。

こういったことは、いきなりやろうとしても無理だと思います。 毎日の学習の中で、英文を聴きながら要点をまとめるというような トレーニングをする必要があります。

 

TOEICリスニングセクション対策のポイント

TOEICのリスニングセクションは、最初のPartほど簡単です。難易度順に問題が並んでいるという感じなので、PartⅠから取り組んでいきましょう。 PartⅠが完璧に出来るようになったら、PartⅡに進むというふうにしていくと無理無くステップアップ出来ると思います。

あとは出来るだけ多くの問題を解くことです。ここまでお伝えしてきたことも、頭だけで理解するのは難しいです。実際に問題に解答して初めてコツを掴むことが出来ます。TOEIC対策は量稽古です。少しでも多くの問題をこなすことを意識しましょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス