傾向と対策  ~ 問題構成と回答のポイント ~

リーディング・セクション(全100問)

Part V 空所補充問題 40問

問題文に空所があるので、そこに当てはまる語を4つの選択肢の中から1つ選ぶという、 テストでおなじみのパターンです。文法・語彙力、両方の知識が問われます。

文法では前置詞、語彙力では熟語に関する問題が多く出題される傾向にあります。 知識量がものをいうPartであり、日頃から地道に知識を積み重ねていく以外 対処法はないのですが、ある程度問われる知識は決まってきます。

ですから、過去の問題や予想問題集といったものを数多くこなしておくと効率よく、 TOEICに必要な知識が習得できます。

Part VI 誤文訂正問題 20問

一言でいえば間違い探しです。問題文に4つの下線が引かれているので、 文法、語法が正しくないものを指摘します。

問われる知識はPart V同様です。問題形式が違うというだけですね。 Part VとVIの対策は一緒でいいと思います。

Part VII 長文読解問題 40問

長文とその内容に対する質問が印刷されているので、 その質問に対する回答として最も適切なものを、 4つの選択肢の中から選ぶというパターンです。 1つの長文につき2つから3つの質問があります。

ここでのポイントは時間です。

長文が10個近くあり、もちろんそれらを全て読まなければいけません。 リーディング・セクションの試験時間は75分ですが、ここには Part V、VIも含まれていますので、時間的には非常にキツイです。

長文の読解力だけではなく、読むスピードも要求されます。

また、文法問題をどれだけ速く解くかという点も非常に重要になってきます。

文法問題を短時間で解けば、その残りを長文問題に費やすことができますので、 それだけ有利になります。

実はスピードがキーワードになってくるのがリーディング・セクションです。

(備考)
  1. 試験時間は、リスニング・セクションが45分、 リーディング・セクションが75分。合計で2時間
  2. 問題は、全てマークシート方式。Part IIのみ三択で、後は四択


学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス