傾向と対策  ~ 問題構成と回答のポイント ~

本番の感覚で解く機会を持つ

TOEICテストの本番を迎えるまえに予行演習をしておくことは、とても重要なことです。


練習では調子がよくても、いざ本番となると弱い。

こういったタイプの人は珍しくありません。自分がそのタイプだと嫌になってくるかもしれませんが、これはある意味当然のことです。


このテストで、これまでの努力が報われるかどうか結果がはっきりと出るわけですから、特別な気持ちになるのが普通です。会場の雰囲気も独特ですから緊張もします。


これはTOEICでも一緒です。
どれだけ勉強を重ねても、いざ本番となると不安になるのが普通です。


ただ、当たり前といっても、心が緊張して自分の本来の力を出すことが出来ず、実力以下の結果に終わってしまったということでは悔やんでも悔やみきれません。


平常心でテストに取り組めるようになるために予行演習をしておきましょう。


自宅で本番と同じようにテスト時間を設定して、模試問題を解くことは数回実行したほうがいいですし、専門学校などが行っている公開模試を受験することもおススメです。


特に公開模試は会場の雰囲気を味わうことができますから、予行演習としては完璧です。
受験料が必要な模試でも、たいてい1000円以下なので金銭的にも、さほど大きな負担にはなりません。


公開模試例:TOEICテストZ会模試
http://www.zkai.co.jp/ca/g/exam/info.shtml

模試を受けるときにはテストの構成に慣れるということも目的にしましょう。
この点については、こちらのページ『TOEIC模試問題の有効活用法』を参考にしてください。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス