傾向と対策  ~ 問題構成と回答のポイント ~

英語に対する耐久力をつける

TOEICテストというのは長丁場の戦いです。

2時間休みなしで問題を解き続けなければいけません。その問題数も合計200問。途中で集中力が途切れてしまったというケースも少なくありません。


2時間ぶっ続けてで英語を勉強することもハードですよね。

それをさらに緊張したなかでやらなければいけないのですから、TOEICテストは大変です。


対策としては英語に対するスタミナをつけること、そのためには筋力トレーニングと同じように地味な努力を続けるしかありません。


毎日、英語を勉強することで、だんだん頭が英語に慣れてきますが、これが基礎力をつけるトレーニングとなり、土台となります。

そのうえで、定期的に、2~3時間、休憩なしで英語を勉強する機会を持つようにします。最初のうちは1か月に1回程度にして、徐々に増やしていくようにしましょう。


長時間の勉強に慣れてきたら、次にTOEICの模試問題を本番と同じように2時間かけて解きます。


この一連のトレーニングを行っていけば、着実に耐久力がついてきます。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス