傾向と対策  ~ 問題構成と回答のポイント ~

私はこんなふうにしてTOEICのスコアをあげました:回答技術編

数年前の話になりますが、私もTOEICのスコアアップを目指して、勉強を重ねていた時期がありました。その時に実践していたことでスコアアップにつながったやりかたを参考までにお伝え出来ればと思います。

まずは、解答技術に関してです。

※TOEIC対策の勉強法については、こちらのページ『私はこんなふうにしてTOEICのスコアをあげました:TOEIC対策勉強法編』をにまとめてあります。


TOEICスコアアップに欠かせない解答テクニック

解答技術というのは、『リスニングの問題が流れる前に設問を読んでおこう』というような、問題を解く際に役立つ細かなテクニックのことです。

ちなみに、今では本当に色々なテクニックが公開されています。なかには『そのやりかたを覚えるよりも普通に解いたほうが楽なんじゃない』と思えるぐらい、ややこしいものもあります。

私が実際に活用していたテクニックというのは、そういったものではなく、意識して覚えるまでもなく使えるようなタイプのものです。

下記にまとめてみます。


(リスニングセクション)
・問題が流れる前に質問に目を通しておく
・考え込まずに、すぐに解答する
・数字は書き留めておく


(リーディングセクション)
・考え込まずに解答する。少し考えて分からない問題は飛ばす
・とにかく、まずは最後まで一通り問題を解く


こんな感じです。あまりテクニックというものでもないかもしれませんが、とにかく意識したことは問題を解くことに時間をかけないということです。

リスニングセクションは次から次へと問題が流れてきます。解答に当てられる時間は数秒という単位なので、じっくり考えている余裕はありません。悩んでいるうちに、次の問題が流れてきて、聞き逃したなんてこともありえます。パッと答えて、頭を切り換えて、次の問題に備える。こんな姿勢が大切です。


一方、リーディングセクションは、自分のペースで解答することができますが、時間と比較して設問数が多いため、こちらもスピードがなければ全ての問題を解くことは出来ません。最初のうちは時間切れで最後のほうの問題が解けなかったということも珍しくありません。

まずは分かるところから解いていって、確実にスコアを稼ぐ。そんな戦略が必須です。

両セクションとも時間が重要ということです。これがTOEIC攻略のポイントかもしれませんが、英語を理解できるだけではダメ、理解のスピードも求められるということです。

ちょっと話がずれましたが、いずれにしても解答するときに意識していたのはこれぐらいのことです。これ以上のことは出来ないというのが実情でした。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス