傾向と対策  ~ 新TOEIC(R)Test ~

TOEIC(R)Testリニューアルの目的

開始から30年近く変更がなかったTOEIC。それが今回、この時期に変更されるのは、なぜでしょうか?そこにはどんな意図が隠されているのでしょうか? TOEICリニューアルの目的を探ります。

変更点の概要を見て頂ければわかりますが、内容はより高度なものになります。これは、より現実に即した状況に合わせているということです。

たとえば、リスニングセクションのはじめにある写真を見て、内容を描写するという問題。受験者にとっては答えやすい楽な質問で有難いのですが、こんなことは現実の世界ではありません。

写真をみて、それについて話をするなんてことも、そうはないですよね。

日常会話というのは、ある程度長いやりとりが続くものです。そう考えると、写真を描写するような問題は現実的ではないということです。

ですから問題を省いて、そのかわりに、より現実的な問題を追加したというわけです。

リーディングセクションの変更も同様です。現実にそぐわないものは外して、そのかわりにより現実的な問題を追加する。こういうことです。

TOEICは元々、英語のコミュニケーション能力を図るテストですから、この変更はとても論理的です。

従来のTOEICでは高スコア取得者なのに、現実の場では実用に耐えないという人もいました。これではそもそも、TOEICを受ける意味さえありません。これはTOEICの大きな問題点でした。

その問題点を修正して、TOEICのスコアにその人のコミュニケーション能力が正確に反映されるようにする。これがTOEICリニューアルの狙いです。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス