傾向と対策  ~ 新TOEIC(R)Test ~

新TOEIC(R)Test対策:リスニングセクションの変更点

TOEICの変更点を細かくみていきます。まずはリスニングセクションです。

①問題文が長くなる

リスニングセクションには文章を聴いて、内容に関する問いに答える形式のものがあります。いわゆる長文セクションです。

長文というぐらいですから、文章が長いのですが、新TOEICでは、これが更に長くなります。長文の数が現行の約2倍となり、設問数も現行の20問から10問増えて、合計30問になります。

新TOEICでは、ひとつの長文に3つの質問という組み合わせですね。単純にいえば、より高度な聴き取り能力が必要とされるわけです。


②会話問題は会話ごとの設問が3つに

人と人の会話を聴いて、その内容に関する問いに答える会話問題。現行では会話ごとに1つの質問が出されますが、新TOEICでは質問数が3つに増えます。

また現行では、会話のやりとりが『A→B→A』というパターンのみだったのに対して、新TOEICでは『A→B→A→B』というパターンも追加されます。

会話量が増えるので、設問の幅が広くなります。それだけ包括的に内容を理解する能力が問われることになります。


③写真を見て答える問題が20問から10問に減る

リスニングセクションのサービス問題とも言えたセクション1の短文聴き取り問題。これが20問から10問に減ります。半減です。

減った分は難易度の高い問題が追加されることになります。

④イギリス、カナダ、オーストラリアなどの発音も加わる

従来のTOEICでは登場する発音はアメリカ英語だけでした。それがリニューアル後はアメリカ英語以外の発音も登場することになります。

イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語

発音が少し違うといえばそれまでですが、英語に慣れない人間からしてみれば、その差を認識することさえ大変です。

アメリカ英語だと聴き取ることができるのに、オーストラリア英語だったからわからなかった。こんなこともおきそうです。

これも『より現実的に』という新TOEICの意図を的確に反映しています。

英語といえばアメリカというのはあまりにも短絡的です。英語を話す人は世界中にいますし、場所によって発音やアクセントが違うのも普通のことなので、そこに対応するというのは理にかなっています。

日頃から、様々な英語に接しておく必要がでてきました。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス