傾向と対策  ~ 新TOEIC(R)Test ~

新TOEIC(R)Test対策:リスニングセクション対策

では、具体的にはどんな対策をしていけばいいのでしょうか? 新TOEICに対応する対策ポイントをまとめてみます。まずはリスニングセクションです。


ポイント1:文脈を理解する力とそれを記憶しておく力を強化する

まず長い文章を聴くことになるので、細かいところだけではなく、全体の流れ、概要を理解する能力が必要となってきます。

同時に、それをより長い時間覚えられるようにすることも必要です。これは、ひとつの文章を読んで複数の設問に答えなければいけないので、そのあいだ内容を記憶しておかなければいけないからです。

これはテクニックの問題ではなく、地力の問題です。日頃から英文を聴いて、その内容をまとめるというような練習をしておくことが必要です。


ポイント2:集中力を鍛える

上記のようなことを行うには、本人に集中力があることが前提条件です。

日頃から集中力を鍛えることが必要です。これも、英文を聴いて、内容をまとめるというトレーニングが効果的です。

あとは、日頃の生活のなかで、集中することを意図的に繰り返すのもいいですね。


ポイント3:色々な発音に慣れ親しむ

アメリカ英語だけでなく、イギリス英語、オーストラリア英語など他の発音にも慣れておきましょう。

ただ、問題なのはどこでアメリカ英語以外の発音に触れるかです。

ニュース番組では、アナウンサーの発音はキレイなので、聴いてもあまり意味がありません。映画やドラマなどはいい題材になりますが、こういったものを入手するのも大変です。

そこでオススメなのがラジオです。

『radio-locator』(http://www.radio-locator.com/)であれば、世界中のラジオがネット上で聴くことができます。

ラジオ番組にはリスナーが登場するものがありますが、まさに地元の人達なので、いいトレーニングになります。スクリプトがないのが難点です。手加減なしの英語なので、初心者には難しすぎるかもしれませんが・・・

新TOEICにあわせて、こういった対策をするための参考書・問題集も登場してくるはずですから、そういったものを購入するのもいいですね。

とにかく、どんな方法でもいいので、色々な発音に触れておくようにしてください。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス