傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test対策の基本 ~

TOEIC(R)Test対策には欠かせないディクテーションと音読

TOEIC対策の勉強法として、常に実行することをおススメするのがディクテーションと音読です。





ディクテーション
聴いたことを紙に書き出す勉強法。紙に書き出さなければいけないということで集中力が増すこと、書いたものと実際の音声を比べることで、自分が聴き取れない部分が明確になることで的確に弱点を補強することが出来る。


音読
文章を口に出して読むこと。脳の動きを活性化させ、理解力、記憶力等を飛躍的に高める効果があると言われている。


耳で聞いたことを紙に書くというのは、リスニングスキルを鍛えるために最も効果的な方法です。

また、文章を口に出して読むということは記憶力を高める効果があるため、語彙力や読解力の向上に役立ちます。


この2つの学習法を徹底すれば、それだけでTOEIC対策の勉強は80%OKです。
(残りは発音や文法などです。)


英語の文章と音源(CD等)があればいつでも実行できることなので習慣化してしまいましょう。

TOEICの問題集を解いた後に、リスニング問題のスクリプトをディクテーションしてみる。リーディングセクションに出てきた問題文を音読してみる。


参考書、学習教材を使って勉強するときも同様です。こんなふうに勉強していけば、どんな学習素材でも有効活用できるので、お金も無駄になりません。


TOEIC対策にかかるお金を節約しつつ高い学習効果を得られる一石二鳥の勉強法です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス