傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test対策の基本 ~

発音をマスターする

発音とTOEICって何か関係があるの?と思われる方もいるかもしれません。

TOEICでは発音問題は出題されないため、直接的には関係があるわけではないのですが、リスニングセクションを攻略するうえでは必須の学習項目です。


英語の発音方法を覚えることでリスニングスキルが格段に向上するからです。

これは実行してみるとすぐに実感できます。特に子音の発音を知識として理解できると、今まで聴き取れなかった単語が聴き分けられるようになります。


勉強した途端に実感できることなので驚くはずです。


※英語というのは勉強してすぐに効果が出てくるものではありませんが、発音に限って言えば、勉強と成果が直結しています。

英語の発音といっても、日本語と同じものもありますから、特に勉強して覚えなければいけないパターンは数十個です。

書籍を1冊購入して勉強すれば、1か月程度で完了できるはずです。


これだけ少ない労力で高い効果を期待できる学習法もありません。

発音を磨くということは、英語を実用的に使うという意味でも覚えておいて損はないことなので、TOEIC対策も兼ねて、今のうちに身につけておきましょう。


発音に関する本』において、おススメ書籍の紹介と発音がリスニングスキルの向上に役立つ理由を説明していますので、こちらも参考にしてください。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス