傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

TOEIC(R)Testのスコア平均って何点?

TOEICスコアは600点がひとつの目安といわれますが、
実際のTOEIC受験生の平均スコアは何点なのでしょうか?

ここ3年での平均スコアの推移は、

2006年01月 545.8 点
2005年11月 565.2 点
2004年11月 548.1 点

という感じです。
540~570点の間がTOEICの平均スコアといえそうですね。
セクション別の平均スコアを比べると、
常にリスニングセクションのほうがスコアが高いのが特徴です。
(2004年9月~2006年1月までの結果データによる)

ちなみに、TOEICテストが開始されて以来、
すでに120回のテストが実施されていますが、
第1回目~108回までのTOEICスコア平均は、565.6点。

ということは、テスト開始以来から、
平均スコアは大きく変化してないようです。

スコア平均+50点を目指せば、
ひとつの目安であるTOEICスコア600点に届く計算ですから、
平均スコアよりちょっと上を目指す感覚を持つといいですね。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス