傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

TOEIC(R)Test対策:失敗しがちなTOEIC(R)Testの学習方法

TOEIC受験を効果的攻略していくためには、
TOEICの効果的な学習法だけではなく、
TOEIC学習法で、やってしまいがちな失敗も知っておくことが大切です。
なぜなら、TOEICの学習で、遠回りを避けることが事前にできるからです。

さて、ありがちな、TOEIC学習法の間違いとは何でしょうか?

●TOEIC学習法 失敗その1
TOEICの練習問題を1、2回解いただけで、
ひたすらTOEICの単語ばかりやってしまう学習法。

→TOEIC攻略は、問題慣れが一番です。単語学習はその後で。


●TOEIC学習法 失敗その2
TOEICの問題を解く時に、時間を計らずに解く学習法。

→TOEIC攻略は時間配分が命です。時間を計るTOEIC学習法を常に意識しましょう


●TOEIC学習法 失敗その3
TOEICの練習問題を解くだけの学習法。

→TOEIC攻略の決め手が問題慣れといっても、解けない問題を何度解いても解ける
ようにはなりません。足りない部分は知識付けをするような学習法を取り入れま
しょう。


あなたは間違ったTOEIC学習法、やっていませんでしたか?
ムダな学習方法はやめて、効果的なTOEIC学習法で、TOEICスコアアップを目指し
ましょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス