傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

TOEIC(R)Testの点数、何点とればいい?

英語を使った仕事を希望している人や、留学を目指している人なら、
「TOEIC点数をいったい何点とればいいのか」、点数の目安が気になることでしょ
う。

ここ5年間のTOEIC受験者のTOEIC平均点数は、約500点代半ば~600点近く
です。
留学して、充実した学生生活にする人は、TOEIC600点を目安の点数にするとい
いでしょう。
留学先によって要求するTOEICの点数が500点以上とか550点以上というとこ
ろもありますが、
TOEIC点数が500点程度では、実際の授業についていくのには、かなりキビシイ
と言えます。
ですから、日本にいる間にできるだけTOEICの点数を600点に近づけるか、60
0点を超えるくらいを目安にされるといいです。

英語を使った仕事に就きたい!という人は、よほど専門性があれば別ですが、
ネイティブと対等に渡り合えるには、TOEICの点数は860点を目指しましょう。
TOEICの点数が700点代だと、ネイティブのスピードについていけなかったり、
理解するスピードや解釈の正確性が欠ける場面がでてきます。
そのためか、TOEICの点数が700点後半から800点代前半の方は、
同時通訳の養成所やビジネス英語強化合宿などを利用して、TOEICの点数に限らず
、英語の「実践力」に磨きをかけている人が多いようです。

自分は英語は使わないけど、昇進にTOEICの点数が必須、という職場も多く見うけ
ます。
数年前まではTOEICの点数が600点を基準にしていた企業が多かったようですが

ここ数年で、TOEIC700点、730点と要求されるTOEICの点数が高くなってき
ているのが実情のようです。

いづれにせよ、英語を使って何かしらやりたい人は、TOEICの点数は、600点が
第一関門であることは間違いなしです。
TOEICの点数、600点をまずはクリアするよう、頑張ってください。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス