傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

英語力とTOEIC(R)Testスコアの関係は?

「TOEICハイスコア=英語ができる」という認識は真実ではありません。

実践的に英語が使える人であれば、TOEICでそこそこハイスコアが取れる人は多い
ですが、
その逆、つまり、TOEICでハイスコアを取った人が実践的な英語力があるかという
と、そうとは限らないのです。

英語の「読み」「書き」「聞き取り」の3つが出来れば、TOEICでハイスコアを取
ることはできます。(TOEIC満点も可能です。)
逆に、TOEICスコアは低くても、実践的な英語力(英会話力)に長けた人もいます

実際に、TOEICスコアが900点台であるにも関わらず、ネイティブを目の前にした
とき英語で挨拶すら十分にできなかった、という人もいます。
また、英語を「聞き取る」「話す」力に長けているので、実践的な場面では英語
を使える人でも、英語の「読み」「書き」が苦手なため、TOEICでハイスコアを取
ることができない人もいます。

結局、英語の実践力とTOEICスコアの関係は、比例ではありません。
ですが、TOEIC受験で英語力を鍛えれば、おのずと英語を聞く力・理解する力が身
につきますので、英語力を上げたい人は、TOEIC受験を英語上達のステップに使う
ことはおすすめです。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス