傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

新TOEIC(R)Testとは?

TOEICテストが新しくなるのはご存知ですか?
2006年5月28日から新しい問題形式の新TOEICに変わります。
残念ながら、今まで以上に難しくなります。

新TOEICテスト、今までとどう変わるのかというと、
簡単に言えば、以下の点が新TOEICは違います。

・初心者が一番点が稼げる「PartⅠ:写真の問題」の数が減る
・印字されていたリスニング問題が、印字されなくなる
(つまり、問題を読めなくなるので、耳だけで聞きとらなくてはいけない)
・長文読解の問題数が増える


と、新TOEICテストは英語初心者には酷な内容といえます。
長文読解が苦手な人も、新TOEICでのスコアUPがキツくなりそうです。

ですが、問題傾向さえ押さえていれば、対策はとれます。
ですから、新TOEICの問題形式に対応した教材で、
しっかり問題慣れしておきましょう。

早くも新TOEICテストに対応した公式の問題集
『TOEIC公式ガイド』は発売されていますので、
ぜひ押さえて、新TOEICに備えてください。
(TOEIC唯一の公式ガイドです)

詳しい変更点を知りたい方は、
公式ホームページでも確認してくださいね。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス