傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

TOEIC IP(R)Testってご存知ですか?

受験勉強のとき、必ず模擬試験を何度も受けて
本番に備えたと思いますが、
TOEIC IPテストは、まさにその模擬試験です。

このTOEIC IPテスト、本屋で購入できるTOEIC問題集にくっついている練習問題
とは違います。
TOEIC IPテストは、まさに本番のTOEIC公式テスト同等の模擬試験です。

TOEIC IPテストを勧める理由は簡単。本番慣れするためです。
家で問題集を解いているときは、緊張感が薄れてきますよね。
でも実際の本番では、制限時間も周りの受験者のことも気になるものでしょう。
TOEICで高いスコアを取るためには、本番慣れできるのに最適な、
TOEIC IPテストをオススメしています。

TOEIC IPテストは、TOEICの過去問を集めて作った模試なので、
TOEIC公式テストと問題形式が全く同じです。
それなのに、受験料はTOEICの約半分の4,000円。
本番慣れして受けるのと、ぶっつけで受けるのは全く違います。
TOEIC IPテスト、ぜひ活用していただきたいですね。

が、こんな便利なTOEIC IPテストにも難点がひとつ。

・大学、専門学校
・TOEIC専門校
・クラブアルクなど

どこかしらの団体に所属している人しかTOEIC IPテストは受けることができませ
ん。
受験できる団体では、ポスター等で告知をしているので、
大学や英語学校などで
「TOEIC IPテストを受けたいのですが」と、ぜひ尋ねてみてください。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス