傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

TOEIC(R)Test対策:TOEIC(R)Test対策に必要な期間は?

TOEICの対策をやろうとしたものの、
どのくらい前から勉強したらいいものかわからない。
そんなあなたにアドバイスです。

TOEIC本番前の3ヶ月間を対策の時間としてください。

TOEIC対策3ヶ月間の流れはこうです。

・TOEIC対策3ヶ月前
自分の得点源をつくる期間その1です。

制限時間を守ってTOEIC問題を解いたあと、
制限時間に関係なくわかるまで時間をかけてTOEIC問題を解いてください。
制限時間に解けなくても時間をかければ正解を取れたTOEIC問題に重点をおいて、
制限時間内でTOEIC問題を解けるよう練習してください。


・TOEIC対策2ヶ月前
TOEIC問題の中に、自分の得点源をつくる期間その2です。

知らない知識をインプットします。
制限時間を設けなくても正解できなかったTOEIC問題の対策です。
解説を読んだり、文法、辞書などを使って理解することに努めましょう。
どうしても理解できなければパスです。
理解できる数を増やすことがTOEIC対策のポイントです。

・TOEIC対策1ヶ月前
自分に合った時間配分を知る期間です。

TOEIC問題は、解けるところはより速く、
時間がかかっても解けるところに時間を割くように
問題を解きまくりましょう。
考えても解けないところはパスするのも、大事なTOEIC対策です。


以上がTOEIC対策、直前3ヶ月の対策基本スケジュールです。
参考にしてください。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス