傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

TOEIC(R)Test対策:TOEIC(R)Test問題を効果的に攻略する方法

TOEIC問題であなたが苦手なパートはどこですか?
日本のTOEIC受験者が、長い間変わらずに苦手としてきたのは、
実は、リーディング問題です。

TOEICの問題の内訳を見てみると、
TOEICリスニング問題100問(45分)
TOEICリーディング問題100問(75分)
となっています。

ではTOEIC問題は、それぞれどのくらいの
時間で解く必要があるのでしょうか?

TOEICリスニング問題は、1問あたり27秒。
TOEICリーディング問題は、1問あたり45秒。

TOEICリスニング問題は、聞いて答える方式なので、
解答時間を短縮することはできません。
そこで、解答スピードに差がつくのは、
TOEICリーディング問題です。

このTOEICリーディング問題のうち、
ほぼ半分の48問が、読解問題です。
まとまった文章を読んで内容を理解し、
そして設問を読んで解答するわけですが、
これを45秒でやれ、というのは、
かなりの理解スピードが必要です。

TOEIC問題でリーディング問題が苦手な人が多いのは、
時間が足りない人が多いからです。

TOEICのリーディング問題をすらりと解けるスピードを身につければ、
TOEICの問題はぐっと簡単に思えるようになりますよ。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス