傾向と対策  ~ TOEIC(R)Test豆知識 ~

TOEIC(R)Test対策:TOEIC(R)Testレベルについて

TOEICを受けるに当たって、気になるのは自分のTOEICのレベル。
どの程度の英語力があれば、目指すTOEICレベルになるのかを
分析してみました。


■TOEIC600点レベル:中級の入り口レベル
TOEIC600点というのは英語レベルでは大きな分岐点です。
英語の基礎ができていて、中級の入り口にいるレベルといえます。

■TOEIC800点レベル:揺るぎ無い中級レベル
安定した中級レベルを維持できるレベルが、TOEIC800点です。
このレベルにくれば、TOEIC600点レベル~TOEIC700点レベルでは
理解できなかったものが楽に理解できる英語レベルになります。
ただ、本人たちは、自分の英語に足りないものがはっきり認識
できるため、「自分の英語レベルはまだまだだ。」と思うようになります。

■TOEIC900点レベル:上級の入り口レベル
上級と呼べるのは、TOEIC900点レベルです。
たったの100点しか違わないのですが、英語のレベル的には
TOEIC600点から800点レベルにあがるときよりも、
ハードルが高いレベルです。
ネイティブに近づく英語レベルの第1歩といえます。


■TOEIC950点レベル:ネイティブの入り口レベル
このレベルをコンスタントに取れれば、
ネイティブの英語レベルに近づきつつあるといえます。
ただし、このスコアを取ったからといって、
本人が「ネイティブ並だ」と思うことはありません。
ネイティブとの歴然とした差を一番実感するレベルと言えるでしょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス