TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

TOEIC(R)Test勉強法:結果を導き出す目標設定方法

自分の実力をある程度把握できたら、目標を立てましょう。

目標を立てるときのポイントは具体的なものにすることです。 TOEICのスコアをアップしたいという漠然とした目標より、 1年後のテストで700点を取るというふうに、 具体的な数字が入っている目標のほうが、達成度が測りやすいので効果的です。

幸い、TOEICは目標を数字で表現しやすい分野なので、 達成したいスコアとその時期を明確にしましょう。

もうひとつ目標設定のコツは、1ヶ月後の目標、3ヶ月後の目標、半年後の目標、 1年後の目標というふうに、中間目標をこまめに設定することです。

このほうが、道しるべがはっきりして、やる気がでます。

最初に一番遠い目標(この場合1年後の目標)を立てて、 それを分割する形で半年後の目標、1ヵ月後の目標、というふうに区切っていきます。

たとえば、1年後に200点アップという目標を立てたのであれば、 半年後は100点アップ、3ヶ月後は50点アップ、1ヶ月後は20点アップというふうにします。

TOEIC 目標


目標を設定したら次は学習計画です。

学習計画の立て方には、ふたつの考え方があります。

ひとつは学習時間です。

目標を達成するために必要な時間を算出します。 (わからなければ、1日3時間というふうに適当でも構いません。)

この時間をベースに、1週間ぐらいを単位にして、学習時間のノルマを立てます。

このときのポイントは余裕を持たせることです。 たとえば、1日3時間とした場合、1週間では21時間となりますが、 これを週5日程度の時間=15時間程度にノルマを設定しておきます。

こうすると、少し予定が狂っても、取り戻すだけの余裕がでてきます。

また、平日と週末で時間配分が違ってくる方もいると思いますが、 基本的には、毎日少しずつ(30分ぐらい)は英語に向き合うようにしましょう。

同じ時間学習するのであれば、間をあけるより、 コツコツと継続していくほうが学習効果が高くなります。

こうしておけば、平日に少しずつ勉強して週末の1日に残りをまとめて勉強、 週末の残り1日はフリーにしておく、という感じで長期的に続けられる配分になると思います。

TOEICのスコアをアップさせるための効果的な目標設定法に
ついて学びたい人には、こちらのサイトがお薦めです。

中学・高校と通知表が2だったにも関わらず、大学入学後奮起、
僅か1年でTOEICのスコアを900までに伸ばしてしまった人の
学習法を知ることが出来ます。

btn.gif


学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス