TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

TOEIC(R)Test勉強法:学習時間の作り方(1)

英語学習者にとって最大の悩みは、勉強する時間を作り出すことができないということでしょう。 特に社会人の方にとっては、深刻な悩みだと思います。

一方、語学学習と言うのは、量を求められるものです。 効率よく勉強したといっても、最後にモノを言うのは量です。 どれだけの時間英語を接したかどうかです。

そういった意味で、忙しい毎日の中でいかに英語と接する時間をつくれるかどうか、 というのがポイントとなってきます。

では、いったいどのようにして時間を作っていけばいいのでしょうか?

よく言われるやり方として、待ち合わせ時間や移動時間といった、 細切れの時間を利用するというものがありますが、個人的にはオススメできません。

こういった時間では集中できないからです。

特に初心者であれば、落ち着いてじっくり取り組めれる環境でなければ、 英語が頭に入ることはないと思います。

どうせなら、こういった時間は仮眠をするなり休んでいるなりして、 リフレッシュすることに使ったほうがいいです。

そして自宅に帰ったあと、30分でも1時間でもいいので、 まとまった時間をとって勉強することです。 このほうが少ない時間で高い効果を期待できるはずです。

夜はどうしても疲れてダメという人は、早起きする習慣をつけましょう。 朝は本当に集中できますので、オススメです。

最初は早起きはキツイかもしれませんが、慣れればとても快適です。 私も英語だけでなく、勉強する時間をとりたいときは、朝を利用していました。

一番オススメの方法です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス