TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

TOEIC(R)Test対策の基本となる勉強法とは?

TOEIC対策が何かともてはやされていますが、TOEICも英語であることにはかわりがありません。ですから、普通に英語を勉強することがTOEIC対策にもなります。

逆にTOEICで高スコアをとるためだけの勉強をしても、土台となる語学力自体に伸びがなければ、スコアの伸びはある時点で止まってしまうでしょう。

仮にテクニック的な対策法だけに頼ってスコアをあげたとしても、現実の場面で使えなかったら、どうしようもありません。

TOEICのスコアはいいけど、雑誌や新聞も読めない、テレビのニュースを聴いてもさっぱり分からない・・・

これでは、そもそも何のためにTOEICを受けるのか分かりません。企業がTOEICの高スコア者をもとめるのは、そういった人達が英語を使って業務をこなす実力を持っていると期待しているからです

実践力がないまま、スコアだけをあげてもどうしようもありません。

ですから、TOEIC対策だけに目を向けるのではなく、地道に英語の力を伸ばす勉強法、本を読んだり、ラジオを聞いたり、英語を観たりといったことを基本にしたほうが賢明です。

要は、英語と接する機会を多く持つということですね。

こういったやり方は、遠回りに思えるかもしれませんが、本当の意味で実力をつけるためには最も効果的なものだと思います。TOEICのスコアどおりの実力を現場でも発揮できることも間違いありません。

大きな目でみれば、このほうがあなた自身にとって有利なのではないでしょうか?

是非、英語を根本的に伸ばす勉強をTOEIC対策の基本において頂きたいなと思います。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス