TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

TOEIC(R)Test勉強法:努力と成果は比例しない

『あるとき、突然英語が話せるようになった!』

どこかの英会話教材の宣伝文句のようですが、これって決してウソというわけでは
ありません。英語をマジメに勉強している人であれば、誰でも経験していることです。


ただ、これって実はいいことではなく、英語の勉強は大変ということを示す証拠でも
あるんです。

英語の場合、努力と成果がキレイに比例することはありません。5時間勉強したから
その分、英語を話す力が伸びるかというとそんなことはありません。

どれだけリスニングのトレーニングをしたとしても、聴き取れないところは相変わらず
聴き取れないなんてことがおきたりします。

一方、それでも諦めずにトレーニングを続けていくと、あるとき突然聞き取れるように
なったりします。

英語の勉強というのは、バケツに水を入れるようなものです

バケツに水を入れていって、満杯になって溢れ出したときに、初めて話せるように
なります。

これはどういうことかというと、溢れるまでは、見た目は一緒ということです
本当は実力はついているんだけど、目に見える形になるには時間がかかるということです


TOEIC 目標.gif

逆にいえば、精一杯勉強して実力をつけていても、成果を実感できない時期も
ある
ということで、ここが英語学習者が諦めやすい時期といえます。

この時期は、自分の実力が伸びているとは、到底信じられないものですが、マジメ
に勉強しているのであれば必ず力はついています。

ですから、がっかりせずに勉強を続けてください。
それが何よりも大切です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス