TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

TOEIC(R)Test勉強法:目標を立てよう

具体的な目標があるのとないのとでは、努力できる度合いが違ってきます。

漠然と『がんばろう』というのと、『今日はこの問題集を10ページ解こう』
というのでは、後者のほうがはるかにヤル気がでます。

まずは目標を立てましょう。

ただし、目標を立てるときには、注意すべき点が1つあります。それはカンタンに
成果を確認できるような目標にすべきということ
です。

たとえば、3ヵ月後のTOEICで700をとるという目標を立てたとします。
これはこれで指針となりますが、それでは今日何をやるの?というとき、
これでは漠然として、あまり行動につながりません。

それよりも、今月は30時間リスニングの勉強をするというような目標の
ほうがわかりやすいです

こういった目標であれば、毎日1時間勉強すればいいというふうにペースを
設定しやすいですし、この1週間は5時間しか勉強できなかったから、今週は
1日あたりの学習時間をもっと増やそうというふうに調整することも可能です。


先ほど、TOEIC700という目標を例としてあげましたが、これは目標という
よりは目指すべき最終目的地=ゴールです。

ゴールを達成するために立てるのが目標と考えてください。


ですから、まずはあなたにとってのゴールを定めて次にゴールにたどりつく
ための目標値を設定
する。こんなふうにしていくのが効果的な目標設定法です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス