TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

TOEIC(R)Test勉強法:締め切りを作ろう

普段はなかなか勉強できないのに、試験直前となると俄然ヤル気が出てきて
自分でも信じられないくらいのことをしてしまった。身に覚えがある方も多い
のではと思います。

『火事場のバカ力』というコトバがあるように、人間追い込まれると能力を
発揮するものです。この特質を活かさない手はないのですが、それには
どうすればよいか、あなたにはわかりますか?

実はカンタンな方法がひとつだけあります。それはこまめに自分の中で
締め切りを設定することです

たとえば、1日2時間勉強するとします。そのときに、まずその2時間で
やるべきノルマを設定します。

そして、そのノルマを細分化して、今度は30分ぐらいで出来るノルマを
設定します。

あとはやるだけです。その30分でノルマをこなすことだけに集中してください。
人間不思議なもので、30分程度の時間であれば、驚くほど集中できます。
まず間違いなくノルマを達成できるはずです。

そうしたら、今度の次のノルマです。こうやって次々とノルマをこなすように
していけば、結果的に驚くほどの量をこなすことができます。

TOEIC ノルマ設定.gif


ポイントはノルマを少し多めに設定することですね
こんな習慣を続けていけば、短期間で実力を伸ばすことも可能ですよ。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス