TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

TOEIC(R)Testの勉強法は英会話の勉強法と違う

「TOEICの勉強ってどうやればいいんですか?」というご相談をよくいただきます。TOEICの勉強は、英会話の学習方法とはかなり性格が異なります。

簡単にいえば、英会話はおしゃべりなのに対し、TOEICは受験勉強に近いものなので、TOIECは、向く人と向かない人に、はっきり分かれます。英語にかかわらず学校でのお勉強が割と得意だった方は、喜んでください。TOEICテストでいいスコアを取れる可能性が高いです。

学校のお勉強が苦手だった方は、かなり苦痛を伴うようです。でもお勉強が苦手だった人は、英会話のほうで伸びやすい傾向があります。

なので、自分はどっちのタイプかをみて、学習方法を選択すると「苦痛が減る」学習スタイルになるので、お勧めです。

お勉強が割と得意な人は、ひたすら問題集を解きまくって、受験勉強の要領で進めていくほうが、ストレスが少なく勉強がはかどると思います。

お勉強が苦手だった人は、問題集を全く解かないのはマズイですが、机に座って問題集を解くだけではなく、TOEICに固執しないで、総合的な英語力をつける方法を取るといいです。

例えば、洋画や洋楽、外国人との英会話レッスンなどで、英語の感覚を身につけることに重点をおくと、リスニングセクションでの伸びはかなり期待できます。(リーディングの部分は、問題集やらないとどうしようもありませんのでここは割り切ってやりましょう。)



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス