TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

学生時代、半年でTOEICを400から800にあげた私の勉強方法

学生時代、初めてTOEICを受けた後、スコアを一気にあげようと思い、短気集中で勉強したことがあります。その結果、半年後にTOEICのスコアを400から800まで伸ばすことが出来ました。

その時の学習方法は決して特別なことではないのですが、私自身、今でもこれがTOEICスコアアップのための最良の学習方法だと実感しています。このページでは、参考までに、その時の学習方法をお伝えします。


模擬問題をひたすら解きまくる

学習期間中は、ひたすらTOEICの模擬問題を解いていました。

本屋さんにいけば、TOEICの問題集がズラッと並んでいますが、それらを片っ端から購入して解いていきました。1冊の問題集には、TOEICテスト3~5回分の問題が収録されていますが、その手の問題集を15冊ぐらい使いました。

1冊300問として4500問です。これだけ解くとTOEICの問題形式に完全に慣れます。これはとても重要な意味を持っていました。今ではTOEICの問題形式に合った回答テクニックをまとめた参考書が、たくさん出版されていますが、これを知っているかどうかというのは大きな違いです。

同じ実力の人でも、回答テクニックを知っているだけで、下手をしたら100ぐらいはスコアが違ってきます。それだけ大切なことなのですが、何度も問題を解いていると、そのテクニックが自然に身に付きます。

逆に解き方を知識だけで知っても実践出来ないので、量稽古が必須となります。そういった意味で、ひたすら問題を解くことが力になりました。

また、TOEICに出題される問題の内容というのは毎回同じようなものです。特に文法問題などは、これぐらいやりこむと、TOEICに必要な知識はほぼ網羅出来た記憶があります。リスニングもテスト本番で似たような内容の問題が出て、簡単に解けました。

逆にいえば、これだけしかやっていなかったのですが、それでもスコアは大幅アップです。

 

何度も復習する

TOEICの本番と同じペースで解いたとしたら、100問で1時間です。4500問といっても、解くのにそれほど時間がかかるわけではありません。1ヶ月もあれば終わります。

では半年の間、何をやっていたのかというと、同じ問題を何度も繰り返し解いていました。間違ったところは正解できるようになるまで、何度もやり直しました。5回、6回と繰り返していると内容を覚えてしまい、問題を見た瞬間に回答が浮かぶぐらいになりますが、その状態になるまでやりました。

そうやって全ての問題を解けるようになったら、また本番形式で同じ問題を解くといったことを繰り返しました。結果的に殆どの問題を覚えてしまいました。

力業ですが、これだけやると絶対に忘れないので学習方法としては正解だと思います。この当時、覚えたことは今でも頭に残っていますし、それらはその後の英語学習の土台にもなってくれました。

当時、私は数冊の問題集を一気に解いて復習というやりかたをしますが、今振り返ってみると1冊ずつのほうがいいですね。1冊の問題集を完璧に回答出来るようになってから、次の問題集に取り掛かるというパターンのほうが、学習効果は、かなり高いです。

 

TOEIC関連の学習書以外には手を出さない

TOEICといっても、突き詰めれば英語ですから、語学力を伸ばすことは全てTOEIC対策になります。ペーパーバックや英字新聞を読む、映画やCNNを観る、英会話スクールに通うといったことも、TOEICのスコアアップに対してプラスです。

ただし、こういったことは長期的にみての話であり、短期的には必ずしも、効率的とは言えません。たとえば、英単語を覚えて知識を増やすのであれば、何でもかんでも覚えるというより、TOEICに出題されそうな単語に絞ったほうが即効性を期待できます。

実際、TOEICに出てくる単語には、はっきりとした傾向があります。毎回、同じような単語が出てきたりするので、それだけを覚えてしまったほうが楽です。そのため、問題集を何冊も解いていれば、自然にTOEICに出てくる単語を覚えることが出来ました。

TOEICのスコアアップに目標を絞るのであれば、このへんの割り切りも重要です。私はそう考えて、この期間中はTOEIC対策の問題集に集中していました。

 

実践形式のテストを何度も行う

TOEICのスコアが400~800といった中級レベルの場合、問題形式への慣れが点数に大きく反映されます。

問題に慣れていないため、時間内に解けなかったというケースは珍しくありません。そのためにも、事前に本番と同じ感覚で問題を解いて、感覚を掴んでおくことが重要です。

ちなみに、実践感覚を掴むためには、一度解いたテストをもう一度やり直すというのは、あまり意味がありません。問題が記憶に残っているため、楽に回答できてしまうからです。

そのため、新しい問題で行うことになりますが、本番直前に行うと、万が一分からない問題ばかりだったといったことが起きたとき、自信喪失につながったり、焦りが生じてしまったりします。

私は数ヶ月前から予行演習を積んで、本番直前までには完璧に慣れておくようにしました。(そして、本番直前は復習に時間を当てて、今まで覚えておいたことを忘れないようにしていました。)

 

回答テクニックを覚える

先ほども触れましたが、TOEICにはちょっとした回答テクニックがあります。

リスニング問題であれば、音声が流れ前に設問に一通り目を通して、内容を推測しておくといったようなことですが、こういったことを知っているかどうかというのは大きな違いを生みます。私は回答テクニックをまとめた参考書を読んでマスターしたうえで、本番に望みました。

 

一言でいえばTOEIC対策は量稽古

私が実践した勉強法は以上となりますが、一言でいえば量稽古です。問題集をひたすら解くというやりかたですが、今は解説がしっかりしている問題集が多いので、問題を解くことが、そのまま英語の知識を増やすことにつながります。

リスニング、リーディング、文法、語彙力、英語をマスターするために必要なスキルが普通にアップします。TOEICというテスト自体が、語学力を図るものなので、とにかく英語と接して、英語の知識を増やせば、それだけスコアは上がるのですが、より効率的にするという意味で、TOEIC関連の知識を覚えることに絞ったというわけです。

もし、このやりかたを実践されるのであれば、問題集を入手することになりますが、あまり内容には、こだわる必要はありません。どの問題集もしっかりしているので、質的には問題ありませんし、それ以上に量が勝負だからです。

どちらかといえば、ここでネックとなるのは、お金の問題かもしれません。1冊1500円としても、15冊で20000円ぐらいします。古本でも何でもいいので、数を揃えるようにしてください。

ちなみに、お金に余裕があるという方の場合、こうやって問題集を解きつつなのですが、TOEIC対策の専門教材を使うことをオススメします。

TOEICのスコアアップに必要なスキルと知識(TOEICに出題されやすい問題や単語)を集中的に身につけるために、かなりの工夫をされています。

特にTOEICでネックとなるスピード(英語のナチュラルスピードについていくこと、制限時間内に問題を解くために英文を早読みできるようになること)を向上させるためのトレーニングに力を入れているので、学習効果は、かなり高いです。

特にエブリデイイングリッシュ は、その工夫が綿密になされています。目標スコアごとにコースがあり、一定期間内に、そのスコアを取得出来なかったら、教材代が全額返金される制度となっています。

エブリデイイングリッシュ

スコアが上がらなかった時には、お金を返してもらえるのでリスクがないのですが、それ以上に、こういった制度を設けることが出来るぐらい、質の高い教材ということです。

あくまでも基本は量稽古にあるので、エブリディイングリッシュを購入したから、それだけをやって終わりというのは、それほど意味がないと思います。

ただし、この教材でトレーニングをしつつ、問題集を解きまくるということをすれば、問題集のみで勉強する場合と比較して、3~4倍の学習効果が期待出来ると思います。

ちなみに、エブリデイイングリッシュを併用する場合には、学習時間の1/3を当てて、残りは問題集を解くことにあてるというのが理想かなと思います。

エブリデイイングリッシュで英語のスピードに慣れるトレーニングをしつつ、問題集で知識を身につける。こんなイメージです。スピードに慣れるトレーニングはやればやるほど向上するので、継続的に実践するのがポイントです。

でも、そこだけに集中すると、知識量が不足するので、そこを問題集を解くことで補うという戦略です。

いずれにしても、とにかく選択と集中です。TOEICに関連する知識に絞って、徹底的に覚える。これがスコアアップの秘訣です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス