TOEIC(R)Test勉強法  ~ 学習の始め方 ~

英語の勉強のやりかたが分からない人にとってTOEICは格好の題材

 これから英語の勉強を始めるつもりだけど、どうしたらいいのか分からないという人にとって、オススメの勉強法の一つといえるのが、TOEICを目標にするというやりかたです。英語学習とTOEIC

 

TOEICは英語で話せるようになるためのスキルを判定するためのテストですが、逆に言えば、英語を話すために必要な知識が問題として出題されます。

 

そのため、このテストで高スコアを取得出来るように勉強することは、必然的に英語で話せるようになるための知識を身につけることにつながります。

 

管理人の友人に、小学校の英語講師の資格を取得した女性がいますが、彼女はTOEIC990(満点)です。しかしながら、彼女は海外経験はゼロです。留学はもちろん、海外旅行の経験すらありません。

 

日本にいながら、英語を身につけたわけですが、彼女が実行したことはTOEICでスコアを取得出来るように勉強しただけでした。でも、今は流暢に英語を話せるようになっています。

 

TOEICを勉強するというのは、それだけ効果的というわけです。 

 

TOEIC対策の勉強は日本人に向いている

TOEIC対策のための勉強というのは、机に向かって参考書や問題集を解くというのが基本です。これは学校の授業と一緒なので、日本人には慣れ親しんだ形です。そのため、違和感なくスムーズに取り組むことが出来ると思います。

 

TOEICの勉強はシステム化されている

もう一つ、初心者にとってやりやすいのは、TOEIC対策の勉強はレベル別にシステム化されていることです。

 

初心者と中級者ではやるべきことが違いますし、中級者と上級者でも違います。

 

それぞれの実力に合わせた適切な勉強法というものが存在しますが、有り難いことに参考書はレベル別に分かれています。

 

しかもスコア400を目指す人のための参考書、スコア600を目指す人のための参考書というふうに、数字で明確になっているので、自分に合ったものがすぐに分かります。

 

自分にとって最適なところから始めて、あとは実際に試験を受けて、実力の伸びを確認しながら、その都度変えていけばいいわけなので、迷うことなく進んでいくことが出来ます。 ステップバイステップ方式で着実に実力を高めることが出来るので、これもすごくやりやすいです。

 

TOEIC対策のための勉強のやりかた

実際に勉強する時には、本屋さんにいって自分のレベルに合った問題集などを1冊購入して、それに取り組むことがスタートとなります。

 

色々な書籍が出てきますが、内容はどれもほぼ一緒なので、好みで選んで大丈夫です。 強いて言えば、リスニングのためにCD付き(音源付き)の書籍にすべきですが、CDがついていない書籍を探すほうが難しいので、ここは大丈夫かと思います。

 

勉強のポイントは、購入した1冊を完璧に解けるようになるまで、とことんやりこむことです。間違った問題には印をつけて、正解出来るようになるまで、何度も復習するといいです。

 

そうやって完璧に出来るようになったら、次の本というふうに進めていけば、効率良く学ぶことが出来ます。

 

そのため、勉強は基本的には、それほどお金をかけずに出来ます。

 

高額な語学教材などを利用する必要はそれほどありませんが、強いて使用するとしたら、エブリデイイングリッシュのような点数保証型の教材がオススメです。

 

点数保証型というのは、一定のスコアに到達しなかったら代金は返金されるという仕組みですが、それだけにスコアを取得出来るように綿密に構成されています。 こういった教材の利点は過去の問題を分析して、出題頻度の高い問題や利用頻度の高い英単語を抽出しているということです。

 

TOEICに繰り返し出題されるということは、英語の知識のなかでも重要度が高いものという証拠なので、重要な知識に絞って勉強出来ることになります。

 

この点は書籍も一緒なのですが、抽出度のレベルは教材のほうがうえです。 勉強により高い効率性を求めたい人にはオススメです。

 

より少ない学習時間で、同じスコアを取得出来るので、時間をお金で買うというイメージですね。

 

いずれにしても、TOEICで高スコアを取得することを目的に勉強することは、英語力そのものを鍛えることにつながります。英語の学習法に迷っている人には、オススメの方法です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス