TOEIC(R)Test勉強法  ~ TOEIC(R)Testスコア別学習法 ~

スコア レベル 600~700

このレベルの人であれば、全てのスキルがそこそこのレベルにある
はずです。自分が苦手と思う分野があればそこを重点的に補強する一方で
万遍なくレベルアップするように努力していきましょう。


①語彙力

前述したDUOボキャビルマラソンを使って、さらにブラッシュアップ
します。TOEICのスコアが700以下であれば、まだこういった教材でわからない
部分があるはずです。そういったところをひとつずつ押させていきましょう。

わからない部分が少なくなればなるほど、スコアも700に近づきます。


②文法

このレベルにある人には、文法セクションで満点をとることを目指して
頂きたいと思います。

長本 吉斉 著「TOEIC文法急所総攻撃」「TOEIC文法鉄則大攻略」のような本を
使えば、TOEIC必須の文法知識を細かい部分まで押さえることができます。

間違ったところには印をつけて、必ずわかるまで復習するようにすれば
文法知識は完璧です。


③リスニング

TOEICの対策本などを利用して、トレーニングを積みましょう。
『TOEICテストスーパー模試』、『TOEICテストまるごと模試』などといった
問題集がオススメです。

ポイントは、こういった問題集をただ解くのではなく、問題文を
書き取るような練習(ディクテーション)をして、細かい部分まで聴き取れる
ようにすることです

こういった練習を継続的にしていくと、だんだんリスニング能力がついてきます。


④リーディング

リーディングについては、毎日少しずつ英文を読むことが大切です。

また、TOEICパーフェクトリーディングのような本を使って、TOEICの問題を
素早く解く練習をするのもオススメ
です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス