TOEIC(R)Test勉強法  ~ TOEIC(R)Testスコア別学習法 ~

スコア レベル 800~900

このレベルにくると、正直TOEIC対策といったものはなくなってきます。
生の英語に多く接して、インプット&アウトプットを繰り返しながら英語の力を
上げていくこと
が、そのままTOEICのスコアアップにもつながります。


①語彙力

単語帳などを使って、意識的に語彙力をあげるという時期は過ぎました。
リーディングやリスニングのトレーニングをしながら、一緒に語彙力をあげて
いくようにしましょう


②文法

文法も、このレベルの人には何も言うことはありません。
テスト前に復習を十分に行い、取りこぼしのないようにしてください。


③リスニング

海外のドラマや映画を英語の学習に取り入れることを考えてもいい時期です。
普通の洋画は難しいという場合には、ディズニーやニモ、ハリーポッターといった
子供も観るような映画を利用してください。

バイオリスニングのような教材を使うと、映画の聴き取りが楽になりますので
こういった教材を使うのもひとつの手段です。

また、このレベルの人であれば、アルクの『1000時間ヒアリングマラソン』のような
ハードな教材にも是非挑戦して頂きたいです。

私は以前、TOEICが680ぐらいのときに1000時間マラソンに挑戦しましたが、そのときは
厳しくて、TOEIC800をクリアした時に再チャレンジした覚えがあります。

これぐらいのレベルにある人であれば、実力をブラッシュアップするいいチャンスに
なるでしょう。オススメです。


④リーディング

英字新聞やペーパーバック、週刊誌などを利用して生の英語を読んでください。

ただ、TIMEのような専門誌は内容を理解するときに政治・経済に関する深い知識を
必要とされるので、あまりオススメしません



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス