TOEIC(R)Test勉強法  ~ TOEIC(R)Testスコア別学習法 ~

TOEIC(R)Test 900 単語

TOEIC900点レベルの学習者であれば、次は満点を目指したいと思うのが当然です。フルスコアを狙うための単語集も出版されていますが、掲載されている単語がマニアック過ぎる、難し過ぎるといった理由から、評判はあまり良いとはいえません。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス

実際、TOEICでは、こうした教本に収録されているようなマニアックな単語を知らなくても、長文の読解問題であれば、正解することは可能です。つまり、TOEICは和訳テストではないので、知らない単語があったとしても、文脈から意味を推測することは可能であり、文章の内容理解には支障がないということです。例えば、"electrocardiogram"や"dermatologist"といった単語を知らなくても、文脈から医学用語であることは判断できるはずです。勿論、このような専門用語を知っていれば、よりスムーズに文章を読み進めることはできますが、意味の分からない単語に動揺することなく、解答を進めることもこのレベルの受験者には必要なテクニックです。

文法問題集、長文問題集などを併用している場合、問題を解いている際に躓いた単語を書きとめ、辞書で確認してください。その際、英和辞書ではなく、英英辞典を使用しましょう。英英辞典を利用することで、関連語句もチェックできるからです。例えば、"electrocardiogram"の場合、"a drawing or electronic image made by an electrocardiograph"といった説明がでてきますが、"electrocardiograph"という単語が分からない場合、もう一度調べることになります。こういったプロセスを繰り返すことで、関連単語も同時に覚えることができるのです。長文問題を利用して単語を覚える学習法には、単語を例文の中で学べるだけではなく、その長文のトピックに応じて、ビジネス、政治経済、教育、技術、医療など分野ごとに単語を頭にインプットできるというメリットもあります。