TOEIC(R)Test勉強法  ~ リスニングを鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:自分のレベルに合った題材を選ぶ

リスニングの勉強法というのは、極端なことを言えば、英語を聴く。それだけです。 細かいことをいえば、シャードイング、リピーティング、ディクテーションなど 色々なやりかたはありますが、ひたすら聴くというのは全ての基本です。

リスニングの場合、ポイントになってくるのは、題材選びです。

リスニングセクションで400ぐらいのスコアをとれるような人であれば、 映画やニュースを聴いても、十分ついていけるでしょう。

しかし、初心者の学習者がこういったナチュラルスピードの英語を聴いても 自信を喪失するだけです。

自分のレベルに合った題材を選ぶことが大切です。

このあと、スコア別にオススメの題材をお伝えしていきますが、 ひとつだけ覚えておくと便利なのは、市販のTOEIC対策関連の書籍を利用するということです。

こういった書籍のなかには、目的のスコア別にシリーズ化してあるものも少なくありません。 たとえば、500点突破用とか、730点突破コースとか900点対策コースといったふうにです。

自分が目指す点数で選べば、一番最適なものを自然に選ぶことができます。 カンタンですが、間違いのない選び方です。

もし参考書・問題集だけでは飽きてしまうというのであれば、 そこに映画やドラマ・教材などを組み合わせると気分転換になっていいと思います。

特に少しレベルの高いものを利用すると、自分の実力を再認識することになり 勉強する意欲につながります。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス