TOEIC(R)Test勉強法  ~ リスニングを鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:初中級者向けの題材(200~300)

リスニングセクションのスコアが200~300程度だと、TOEICのトータルスコアはおよそ、400~600。 そこそこのレベルにある方達です。

このレベルの学習者というのは、自分なりの学習ペースを身に付けてきている人たちであり、 基礎的な部分はクリアしてきた学習者です。

このレベルの学習者の場合、一番注意すべき点はマンネリです。 だんだん英語にも慣れてきた反面、実力の伸びも以前ほど実感できなくなってきている時期なので、 勉強自体に飽きる可能性が高くなります。

これを防ぐためには、自分に合った題材で勉強すると同時に、 たまには背伸びをして難しいものに挑戦するといったことも、 適度な刺激を受けるために必要となってきます。

お互い刺激しあえる仲間をみつけるのもいい手です。

リスニングの題材ですが、このレベルも市販の参考書などを利用するのがベストです。 英文ニュースも利用するのもひとつの手段です。

この場合、茅ヶ崎式教本のようなスクリプトと解説がついている問題集を利用すると効果的です。

教材でいえば、アルクのTOEICマラソンの中級コースなどが範囲内に入ってきます。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス