TOEIC(R)Test勉強法  ~ リスニングを鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:スピードに慣れよう

TOEICのリスニング問題は、ナチュラルの英語を少し遅くしたぐらいのスピードです。

市販の問題集や英語教材と比較すると、随分スピードは速めです。 学習者向けにデフォルメされた英語に慣れている人には、随分速く聴こえるはずです。

TOEICで高スコアを得るには、このスピードにも対処できるようにならなくてはいけません。

これにはふたつのやりかたがあります。ひとつは映画やラジオ・ニュースといった 生の英語に触れることです。ナチュラルスピードの英語に慣れてしまえば、 TOEICのリスニング問題のスピードが遅く感じるぐらいになるでしょう。

但し、このやりかたはハードルが高いやり方でもあるので、それ相応の実力がなければ、 さっぱりわからないということになってしまうかもしれません。

そこで、生の英語についていくことは厳しいという方にオススメすることは、 とりあえず、TOEICの問題集を利用して、まずはTOEICのスピードに慣れることに 専念するということです。

TOEICのスピードに慣れたあとにナチュラルスピードに挑戦するという段階をふめば、 無理なくスピードについていけるようになるでしょう。

尚、TOEIC対策だからといって、TOEICのスピードについていければ、 それで十分と思うのは間違いです。高スコアをとるつもりであれば、 TOEICはカンタン過ぎると思うぐらいの実力はつけておくべきです。

また、TOEICで高スコアをとりたいという方は、英語を仕事に役立てたいという 考えがある方、あるいは会社から要求されているという方が大半だと思います。

いずれにしても、実戦で英語を使うことになるはずです。 実際の会話と言うのは、TOEICより遥かにレベルが高くなります。

TOEICのスコアだけで満足していると、今度は実際に英語を使うときに 冷や汗をかくことになりかねません。どうせ英語を使うことになるのであれば 今のうちから、自分のレベルをあげておく努力をしておきましょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス