TOEIC(R)Test勉強法  ~ リスニングを鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test  リスニングセクション PART1で高得点を狙うには

Part1 は写真を見て4つの英文を聞き取り、写真を描写してある文を選ぶ問題です。

Part1 はリスニングの問題の中では最も簡単な初級者の問題で 初心者でも感覚で大体6~7割くらいはとれます。そのため中級者、上級者は一問たりとも逃したくないパートです。

PART1は問題は基本的で簡単なのですが、リスニング力を高める上での基本がつまった重要なセクションですのでしっかり勉強しましょう。

私が一番いいと思った方法は Part1の問題はリピーティングをマスターする方法です。
テープから流れている英語を聞いて、文章を見ないで、流された英語と同じようにいえるかあなたも繰り返し言ってみます。まったく同じようにリピートできれていれば聞き取れていますし、リピートでれていなければ聞き取れていないことになります。
リピーティングについて詳しく知りたい方はこちらへ

初心者でも6~7割をとれるので リピートできていなくてもなんとなく意味がつかめれば、正解を選ぶことはできるのですが、TOEICの問題はPART1だけで終わりではありません。全問正解をねらう人は細かなところまで正確に聞き取る力をつけたいところです。その為にはPart1で使われるような短くてイメージがわきやすい文をリピートすることはとても役にたちます。

実際にリピーティングをやってみるとわかりますが、かなり力のある人でもリピートできない(=正確に聞き取れていない)文が相当あることに気付かされます。

聞き取れないのは、英語を今まで日本語の一部としていいかげんな発音で覚えてきたか、音の連結・脱落(リダクション)に慣れていないかどちらかのことが多いです。

Part1 のすべての文が正確にリピートできるようになれば、他のリスニングセクションの得点も飛躍的に上がります。是非ためしてみて下さい。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス