TOEIC(R)Test勉強法  ~ リスニングを鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:音の差を実感する書き取りの威力

聴こえてきた英語を、そのまま紙に書き出すディクテーション。リスニングの力をアップさせるうえで、これほど役立つ学習法はありません。極めて有効な学習法です。

紙を書くと意識するだけで集中力があがります。聴き取ろうという意志が自然に強くなるからです。

また、自分が聴き取れない部分もしっかりと把握できるので、そこを集中的に学習することで、自分の弱点を補強することもできます。

こういった効果があるので、同じ時間英語を耳にしたとしても、単純に聴いているだけのときとは、学習効率が全然違います。短時間でも驚くほど濃密な時間を過ごすことができます

まとまった学習時間がとれないときには、是非1日数分でもいいので、ディクテーションをしてください。時間を効率でカバーできます。

もちろん、たっぷり学習時間がとれる人も活用してくださいね。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス