TOEIC(R)Test勉強法  ~ リスニングを鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:英語を流しっぱなしにする

英語をずっと流して、聴きっぱなしにする。これって効果があるのでしょうか?正直、学習効果はそれほどないのですが、それでも私はこのやり方をオススメします。

なぜなら、効果がないといってもゼロではないからです。

まず、英語を聞き流すだけで力がつくというのはあり得ません。小さな子供であれば話は別ですが、既に日本語が完全に身についてしまった大人の場合、これだけでは無理です。

ただ、そうはいっても、聴き続けていれば、確かに少しは耳が英語に慣れます。聴かないよりはマシという程度ですが、それでも何もしないよりははるかにいいです。

ですから、疲れていて集中して勉強できないとか、ほかのことをしなければいけないというときに、バックグランドミュージック代わりにかけておくのはいいことです。

また、どうしても勉強する意欲がないので休みたいけど、でも『勉強しなきゃ』と焦って、落ち着いて休むこともできない。こんなときにも、とりあえず英語を流しておけば、気が楽になります。

こういった精神的な面での効果もあるので、時と場合によっては役立つときもあります。しっかりと勉強するのが基本ですが、それをしっかり実行している上であれば、英語を流しっぱなしというのも、それなりに意味があります。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス