TOEIC(R)Test勉強法  ~ リスニングを鍛える方法 ~

アクセント対策をする

2006年にTOEICの内容が大幅に変わりましたが、受験者にとって大きな影響を与える変更の一つがアクセントです。

新TOEICでは、問題文のナレーションにアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア&ニュージーランドのアクセントが使われるようになりました。


それぞれ25%ずつ使用されることになるのですが、このため、色々な国のイントネーションに慣れる必要が出てきました。


TOEICはテストなので、強烈なアクセントは登場しませんが、それでも初めて耳にする人は戸惑ってしまうでしょう。

それを防ぐにはあらかじめ、これらの国々の英語を聴いておくことです。


その対策としてインターネットを使って世界各国のラジオを聴くというようなことが推奨されていたりもするようですが、こういったことをして効果があるのは上級者のみ。


初心者、中級者の場合には、市販のTOEIC対策本や問題集を利用するのがベストです。
何度も繰り返して聴いて少しずつ慣れていきましょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス