TOEIC(R)Test勉強法  ~ リスニングを鍛える方法 ~

TOEICのリスニング対策に映画を観るのは非効率

TOEIC対策のみならず、英語のリスニングスキルを伸ばすために、映画を題材にして勉強するという人は少なくありません。私にとっても大好きな勉強法の一つです。

 

活きた英語を学べるという点で、とても重宝しているのですが、TOEICリスニング対策のための勉強という点では、気をつけなければいけないことがあります。

 

それは映画を観ることはスコアアップに直結しないということです。正確にいえば、役立つのは間違いないのですが、極めて非効率ということです。

 

シンプルにたとえて言うと、テスト対策用の参考書や問題集を使って1時間リスニングスキルを磨くための勉強して、得られる成果(知識やスキルアップ)を10とすると、映画を1時間観ることで得られる成果は、1あるかどうかというところです。

 

 学びの効率という点で、どちらが上なのか、説明するまでもありません。

 

 

映画を観ることが非効率なTOEIC対策であるわけ

では、なぜ映画を観ることが非効率なのでしょうか?

 

一番大きな理由は、出てくる言葉の量が少ないということです。映画のスクリプトを見ると一目瞭然なのですが、映画に出てくるセリフの量って、実はそれほど多くありません。

 

ひっきりなしに会話が続くような映画でも、スクリプトで読むと数分で読みきってしまう程度です。語学の勉強の基本は量稽古です。いかに多くの英語と接するかが勝負なので、この点、映画では量が決定的に不足しています。

 

リスニングの勉強だと、セリフの量は関係ないのではと思われる方もいるかもしれませんが、聴き取りも量です。10個の例文を聴き取るトレーニングをした後と100個の例文を聴き取るトレーニングをした後では、後者のほうが圧倒的に実力がつきます。

 

 

映画に出てくる言葉とTOEICに出てくる言葉は一致しない

もう一つ、映画が非効率的な理由は、映画で使われる言葉とTOEICで使われる言葉は一致しないということです。

 

TOEICもテストなので、出題パターンに一定の傾向が見られます。たとえば、リスニング問題でいえば、電車や飛行機の案内アナウンスを聴き取る問題、天気予報のニュースを聴き取る問題といったものです。

 

毎回、同じようなパターンで出題されるので、そういったパターンに慣れることで、問題は解きやすくなります。いわば、回答テクニックですが、テストでのスコアアップという点では、こういったことは非常に重要です。

 

しかし、映画ではテストに出てくるような言葉を覚えられるとは限らないので、ここで効率性が悪くなります。これがテスト対策に焦点をあてた書籍や教材であれば、ピンポイントで必要な言葉を学ぶことが出来ます。

 

どちらが効率が良いのか、説明するまでもありません。

 

TOEICのスコアアップを目指すのであれば、学びの効率性は避けて通れない

大きな捉え方をすれば、語学の勉強に無駄はありません。どんなことも学びになります。映画を観ることがTOEIC対策に役立つのも、大きな意味では間違いではありません。語学力を伸ばせば、必然的にTスコアがあがるからです。

 

ただ、英語が母国語ではない我々日本人にとっては、特にTOEICのスコアアップを迫られている日本人にとっては、悠長なことは言っていられません。

 

一つの外国語を完璧にマスターしようとすれば、1万時間はかかると言われていますが、とてもだけど、それまで待っていられないというのが実情です。

 

そうであれば、必要な知識をピンポイントで勉強していくことが重要です。学びの優先順位をつけるということですね。TOEICのスコアアップを狙うのであれば、そこに焦点をあてた勉強をすることです。その点、映画というのは焦点がぼやけるので厳しいということになります。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス