TOEIC(R)Test勉強法  ~ リーディングを鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:リーディング上達法

リスニングの上達法で、基本はひたすら英語を聴くことという話をしましたが、 リーディングも一緒です。基本はひたすら英語を読むことです。

題材となるものを用意して、辞書を片手に読みすすめていく。 この作業を繰り返していけば、自然と力はつきます。

リスニングと同様、リーディングも題材選びがポイントです。 自分の実力にあった題材を選べるかどうかが、スムーズに学習を進められるかどうかの わかれめです。

題材の選びのポイントは、辞書がなくてもおおよその内容は把握できるものにするということです。 できれば、全体の7割ぐらいは辞書なしで読めるぐらいのものにしておきましょう。 また、自分の好みにあったものを選ぶことも大切です。

英語のリーディングというと、TIMEやNEWSWEEKが必須のように言われています。 しかし、こういった雑誌は政治・経済・外交等の分野をかなり深くえぐった 内容となっています。

こういった分野に興味のない人が読んでも、苦痛でしかないでしょう。 (日本語でこういったニュース記事や雑誌を読めるかどうか、 想像してみるとわかりやすいと思います。)

題材となる分野は何でも構いません。 スポーツが好きなのであればスポーツ雑誌でも構いませんし、 ファッションが好きなのであれば、ファッション誌でも十分です。

自分の興味に合うものを選んでください。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス