TOEIC(R)Test勉強法  ~ リーディングを鍛える方法 ~

文法は復習が命

TOEICの文法セクションは、比較的短期間で満点をとれるようになりやすいセクションといえます。

文法知識がしっかりしていれば、それは英語を読んだり聴いたりすることにも、いい影響が出ることになるので、TOEICで高スコアを目指すには、比較的早い段階でクリアしておきたいところです。


文法というのは言い換えればコトバのルールなので、覚えることは決まっています。ある一定の知識を身につけてしまえば、それでOKです。


では、文法というのは、どんなふうにして身につけていけばいいのでしょうか?


初心者の方には高校生向けの問題集、参考書を利用して勉強することをおススメします。基礎力をつけるうえでは、とても取り組みやすい方法です。


総合英語FOREST』という参考書はおススメです。

Forest.jpg

既に基礎的なことを身につけている方は、TOEICの文法問題をひたすら解きましょう。問題を解いて分からなかったところ、間違えたところは解説を読んで理解する。

そして、数日後、再度解いてみて、覚えたことを忘れていないかどうか確認する。

このプロセスを繰り返していけばTOEICの出題パターンにも慣れてくるので、文法セクション対策をしながら、必要な知識を身につけることができます。


文法に関しては、基本的に書籍を使った独学で間に合いますが、文法が大の苦手で自分一人で勉強する自信がないという人には、『わかる!解ける!英文法』というメール講座をおススメします。

メールで送られてくるテキストに沿って毎日勉強していく講座なので、分からないところを随時質問できます。つまずいたときには助かります。

TOEIC文法セクション攻略に必要な事項が全て押さえられているのも魅力的なポイントです。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス