TOEIC(R)Test勉強法  ~ リーディングを鍛える方法 ~

精読と多読

英語の読解力を高めるためには多くの文章を読む必要がありますが、読み方にもコツがあります。


ここで登場するのが、精読と多読です。


精読:単語の意味や文法事項を確かめて、理解を完全にしながら読んでいくこと
多読:大量の文章を一度に読むこと


多読では細かい部分は気にしません。細部で分からないことがあっても、概要が理解できれば良しとして読み進めていきます。


精読は100%の理解度を求める読み方
多読は短期間で多くの情報を詰め込むことを求める読み方といえます。


この精読と多読を組み合わせるのが最も賢い方法です。

精読を行うことで知識を深めることができます。
多読を行うことで、速く読む力、分からないところを推測する力を身につけることができます。


精読を行って知識を増やすことで、TOEICを完璧に攻略することを目指す。
でも、現実的にはテストの場では分からないことにも直面するので、そんなとき、その場で切り抜けられる力を身につけるために多読を行う。


精読と多読で身につけられることは、どちらかが欠けてもTOEIC攻略の足かせとなります。

日常的に精読と多読を行う癖をつけておくと良いでしょう。

具体的な方法としては次の通りです。

・ 問題集や書籍を1冊入手し、辞書やテキストを使用しながら読み進める。
・ 別の書籍で、とにかく全面流し読みする。わからない単語は推測する。


多読をするときには、精読には使っていない本を使うようにしてください。精読した文章では、高いトレーニング効果を期待できないからです。

逆に多読で使った文章を、そのあとに精読することはおススメです。


TOEICのスコアが500を超えるぐらいの実力の人は、多読の題材として英字新聞やインターネットニュースを活用してもいいかもしれません。

海外の新聞は厳しいかもしれませんが、Japan Times、Yomiuri Newsのような日本の新聞の英語版であればついていけると思います。

新聞では同じ単語が繰り返されるため、初日に理解できなくても1週間後には難なく分るようになったりもするので試してみる価値アリです。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス