TOEIC(R)Test勉強法  ~ リーディングを鍛える方法 ~

TOEICのリーディング勉強法:最初は精読が一番

仕事で再度、英語を使うようになったので、語学力ブラッシュアップのため、英語に接するようにしています。

個人的には、言葉の基本は読書だと思っているので、まずは読むようにしています。幸い、イギリスの週刊誌エコノミストを定期購読しているので、それを読むようにしているのですが、今、『リーディングはまずは精読からだな』ということを実感しています。


英語のブランクがあるので、最初はリーディングといっても、全然進みません。最初は1~2ページの記事を読むのにも20分ぐらいかかりました。一度読むだけでは意味が分からず、何度もいったりきたりしながらだったので当然です。

昔は、日本語と同じような感覚で読んでいて、その記憶があるので、かなりイライラします。ムキになって速く読んでやろうと速読調にしてみるのですが、さっぱり意味がわかりません。

読めた気分にはなっても、記事が終わった後、振り返ってみると、何も頭に残っていません・・・


諦めて、時間は気にせず、じっくり読むようにしました。それこそ亀が這うようなスピードで読んでいったのですが、それを3週間も繰り返していると、気がついたらスピードがあがっていました。

感覚値で3~4倍にはなった感じです。

日本語を読むペースに比べたら、まだまだ比較するのもバカらしくなるくらいですが、日本人が英語を読むスピードと考えたら、まあまあのレベルには戻ったと思います。

TOEICのリーディングセクションに出てくる程度の文章量であれば、余裕で時間内に読み終わる程度にはなっていそうです。

スピードが遅い精読でも、繰り返すことでスピードがつくということの裏返しですね。


よく仕事でも、最初は丁寧にやること、それを続けることで自然にスピードがつくということが言われていますが、それと一緒ですね。

リーディングスキルを上達させたいときには、まずは意味を理解できるように努める。これが第一歩のような気がします。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス