TOEIC(R)Test勉強法  ~ 細切れTOEIC(R)Test勉強法 ~

TOEIC(R)Test リスニング 模擬 テスト

 TOEICリスニング対策を謳った問題集や参考書は山ほどありますが、受験前に必ず一度は模擬テストを受けておきましょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス

 何故、模擬テストが必要なのでしょうか。その理由としては、まず、問題傾向を把握し、テスト形式に慣れることができるからです。より本番に近い状態で模擬テストを受けるために注意すべき点があります。まず、本番で使用される音声のスピードに近いものを使うこと。特に、TOEICを初めて受ける受験者や、英語力の低い学習者向けのリスニング教材を使用していてスロースピードの音声に慣れてしまっている受験者は、必ずネイティブスピードで録音された模擬テストを受けておきましょう。ネイティブスピードであれば市販の模擬テストでも構いませんが、『TOEICテスト新公式問題集』では、実際の試験同様のナレーションで録音されているため、より本番に近い環境を体験することができます。次に、本番と同様に制限時間を設けること。これにより時間配分にも慣れることができます。TOEICの特徴はその問題数の多さにありますが、模擬テストを受けることで、その問題量も実感できるはずです。
 模擬テストを受験するもう一つの理由は、各パートの冒頭に流されるディレクションと例題を理解しておくためです。これはリスニングセクションのスコアアップに欠かせない先読みテクニックを実践する上で重要になります。模擬テストでディレクションの内容を理解しておけば、本番中、ディレクションに耳を傾ける必要はないからです。ディレクションの流れる間も、設問と設問の間の時間も、45分間全てをフルに活用し、集中力を持続することが、ハイスコアへの鍵となります。