TOEIC(R)Test勉強法  ~ 細切れTOEIC(R)Test勉強法 ~

TOEIC(R)Test リスニング 講座

 英会話スクールのクラスに通い、TOEICのリスニングセクションのスコアを伸ばすことは可能でしょうか?



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス

例えば、ネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンを受講した場合、TOEICのリスニング対策としてあまり効果的だとはいえません。英会話力を身につけるにはマンツーマンレッスンは大変有効でしょう。しかし、TOEICのリスニングセクションでは、英会話力は求められません。それよりも、TOEIC独自の問題傾向を把握し、テスト形式に慣れることが大切です。毎回、出題される問題の傾向・形式は全く同じですから、それ以上の能力、つまり英会話力は、TOEICに限って言えば(スピーキングテストを除く)、必要ないといえます。逆に言えば、必要最低限の対策を講じて、練習さえ積めば、TOEICのリスニングセクションは制覇できるのです。また、TOEICのリスニングテストが米国・英国・カナダ・オーストラリアの四カ国の発音を採用している点を考慮すると、講師が変わらないタイプのマンツーマンレッスンの場合、対策は不十分といえるでしょう。
英会話スクールでは、TOEIC対策を謳ったクラスもありますが、モチベーションを保てない、学習時間が取れない、学習法がわからない、といった理由でスクールを選択する以外は、自宅学習のほうが効果的でしょう。というのも、学習者のレベル・苦手分野などは個々で差があり、英語学習法にはこれが正解といったものがないからです。幸い、世の中には「TOEIC対策」を謳う教材・問題集・参考書が溢れています。学習者が、自分自身のレベルを把握し、苦手分野を克服すべく、最適な教材・問題集・参考書・学習法を選択し、自分のペースで学習を進めること。それがTOEICスコアアップへの近道といえます。