TOEIC(R)Test勉強法  ~ 語彙力を鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:語彙力アップの方法

1.単語帳ではなく、文章で覚える

語彙力をアップするポイントのひとつは丸暗記は避けるということです。 受験勉強で体験済みの方もいると思いますが、単語の丸暗記は退屈な作業であるため 覚えたそばから、どんどん忘れていってしまいます。

そのため、非常に効率が悪いやり方となっています。

単語を単語として、そのまま覚えるのではなく、本や新聞を読みながら、 文章の中で覚えるようにしましょう。 意味のある文章の中で出会った単語というのは、前後の文章のイメージも一緒に頭に残るので、 記憶しやすくなります。

また、単語の使い方も一緒に覚えられるのでオススメです。 語彙力アップと一緒にリーディングの力もつけられるので、一石二鳥です。

2.8割程度、内容を理解できる文章を繰り返し読む

語彙力をつけるために読む文章は全体の8割程度を把握できるものにしましょう。 それぐらいのレベルであれば、残り2割の部分もカンタンに覚えられます。

わからない部分は全て辞書で確認します。

その後、最後まで終わったら最初から繰り返して読みます。 忘れた部分があったら、再度調べます。

この作業を数回繰り返せば、最初から最後まで辞書を使わずに読みすすめることが できるはずです。

そうなったら、次の文章を利用して、同じことをやりましょう。 こうやって多くの文章を読んでいくうちに、語彙力も確実にアップしているはずです



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス