TOEIC(R)Test勉強法  ~ 語彙力を鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:語彙力アップの方法(続き)

3.こまめに繰り返す

人間というのは、残念ながら覚えたことをすぐに忘れてしまう動物です。 記憶を定着させるには、繰り返し覚えること、特に忘れる前に覚えなおすことが大切です。

勉強したことは、次の日には必ず復習しましょう。 そして、更に次の日、そして次の日というふうに何度も繰り返します。

私の経験では、1日後、2日後、3日後、一週間後、二週間後、一ヵ月後ぐらいの サイクルで復習すると、確実に覚えられます。

何度も復習すると新しいことを覚える時間がなくなるのでは? と疑問に思う方もいるかもしれませんが、覚えるそばから忘れるより、 着実に頭に残る知識を増やしたほうが、効率がよくなります。

結果的にこういったやり方のほうが、速く必要な語彙力を身につけることが できるでしょう。

4.分からない単語は必ず辞書をひく

当たり前の話なのですが、意味がわからない単語は調べなければ、 いつまでもわからないままです。 意味がわからない単語と出会ったら、その都度辞書で調べる習慣をつけましょう。

最初は調べる回数が多くて面倒かもしれませんが、だんだん楽になってきますので、 地道な努力を続けてください。

辞書は英和でも英英も電子辞書でも何でも構いません。 あなたにとって使いやすいものを使ってください。

電子辞書ではなく、普通の辞書を使う人にちょっとしたアドバイスなのですが、 一度チェックした単語は赤のボールペンや蛍光ペンで印をつけておくといいです。

おまじないのようなものなのですが、私の場合、こんな風にチェックすると 記憶に残る確率が高くなります。ダメ元で試して頂ければと思います。

5.声に出して覚える

覚えるときには目で追うだけでなく、声に出しましょう。 このほうが記憶力が増します。

また、同時に紙に書くことも効果があります。

紙に書きながら、声にだして読む。 この習慣は身に付けておいてください。

また、このときは単語ではなく、センテンスごとに覚えるというのがポイントです。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス