TOEIC(R)Test勉強法  ~ 語彙力を鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:語彙力アップに使う教材

語彙力アップ用の教材ですが、基本的には特別『単語を覚えるため』に教材を買う必要はありません。英語の文章を読むことが一番の勉強法ですから、ネットで海外のサイトを読むだけでも十分です。

あるいはリーディングやリスニングの勉強をするときに、そこで出てくる単語や熟語をその都度調べて覚えていく。これでもOKです。

強いていえば、リーディングのトレーニングと兼ねて、英字新聞や英文雑誌、ペーパーバックを購入するぐらいです。

英字新聞であれば『JAPAN TIMES』、英文雑誌であれば『Mainichi Weekly』のような日本で作成されているもののほうが分かりやすくてオススメです。

もちろん、自信がある人であれば、海外のものを購入してもOKです。


ただ、ここまでお伝えしたやり方は中級以上の学習者向けです。

なかには、英字新聞や雑誌についていくことはできないという方もいるかもしれません。その場合には、ふたつのやり方を同時並行的に行う必要があります。

ひとつは、単語帳を使うこと。

TOEIC頻出単語を抜粋して、まとめてある単語帳が幾つか市販されています。なかには『DUO』のように、例文形式で取り上げられている単語帳もあります。

こういったものであれば、単語を文脈のなかで意味をイメージしながら覚えることができるので、丸暗記するより楽に覚えることができます

また、一度覚えたことをすぐ忘れるというようなこともなくなるので効率はよくなるはずです。

ただ、そうはいっても、一度だけでは忘れてしまうものなので、何度も繰り返すことが大切です。

もうひとつつは、優しい文章を読むこと。

本でいえば『BIG FAT CAT』シリーズ、教材でいえば『ピーターラビット』、『家出のドリッピー』など子供でも読めそうな優しい読み物を購入して読むことです。

単語帳の丸暗記だけで必要な単語を全て覚えきることはできないですし、運用力も身につきません。

(単語だけみると意味がわかるけど、文章として出てくると理解できないなんて信じられないこともおきます。)

英文を読む習慣は初心者の頃から身に付けるようにしておいてください。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス