TOEIC(R)Test勉強法  ~ 語彙力を鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test勉強法:TOEIC(R)Test必須単語はコレだ!

英語の勉強の中で、一番の苦痛にあげられるのが、「単語を覚えること」。

TOEIC用の単語集もたくさん出ていますが、単語はバラバラにやってもなかなか身につかないものです。せっかく覚えても一夜で忘れてしまった、、、なんて苦い経験をした方も多いのでは?

かく言う私も、超がつくほど、単語勉強は大嫌い!大の苦手だった口です(笑)。

必須といえるほど頻出度の高い単語は、ある程度、これとこれとこれ、という風に決まっています。膨大な数をやるのはうんざりだと思いますので、まずは気軽に10個やってみましょう。


下のページでは、必須単語を10個テストすることができますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

http://www.alc.co.jp/eng/toeic/word/index.html


さて、やってみましたか?


初心者・初級者の方は、知らない単語もあったことと思います。「やったけど、わからなかった」で終わらせるのはもったいないので、ぜひ明日もチャレンジしてみてください。忘れていなければOK。そして1週間後、最チェックしてみてくださいね。1週間たって忘れてなければOKです。

中級の方には物足りなかったかもしれません。「なんだ、簡単じゃん」で済ませずに1歩先をいきましょう。出てきた単語を使って、例文を自分で作ってみることをおすすめします。辞書を使わずに作れれば、その単語が自分のものになっている証拠です。

頻出単語は、残念ながら、この10個だけではありません(笑)

でも、こんな感じで、コツコツ10個づつ単語練習していくだけで、1ヶ月経てばかなりの単語数をモノにしているはずですよ。がんばってください!



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス