TOEIC(R)Test勉強法  ~ 語彙力を鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test リスニング 参考書

 「リスニングが苦手」「リスニングセクションのスコアがなかなか伸びない」と悩んでいる学習者は、もう一度、自分のリスニング学習法を見直してみてはいかがでしょうか。ここでは独自のリスニング学習法を提案する本をご紹介します。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス

■ 『闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する』 松澤 喜好 (著)
「自分の知らない音は聞き取れない」という理論に基づき、発音練習を通してリスニング力を鍛える独自のメソッドを提案。まず「発音バイエル」で毎日10分ずつ、1カ月程度、発音練習を繰り返し、次に著者が提案する音読練習メソッド「Parrot's Law」に基づいた音声教材を使用して、繰り返し音読やシャドウイングを徹底的に練習。

■ 『文法・構文・構造別リスニング完全トレーニング―新TOEICテスト対策にも使える!』 石井 辰哉 (著)
「読めばわかるのに、聞くと理解できない」というリスニングの壁を乗り越える独自のトレーニング方式を提案。まずリスニングに必要な文法項目を細かく解説。次にパーツ→センテンス→パラグラフへと聞く範囲を徐々に広げるリスニング法を教授。更にこのトレーニング方式を960例文を通して定着させる。

■ 『900点突破!TOEICテスト リスニング完全制覇』 ジャパンタイムズ、コミュニケーション英語研究所 (編集)
TOEICのリスニングセクションで要求される二つの能力を養うトレーニング法を提案。一つ目は流れてくる英語の情報を整理・処理する能力を鍛える「ブレイクダウン・トレーニング」、二つ目は聞き取った英語の情報を長時間記憶しておく能力を鍛える「エクスパンション・トレーニング」。TOEIC形式の模擬問題も収録し、TOEICリスニングセクションでハイスコアを狙う。

音読練習、文法学習、処理・記憶能力強化に基づいたリスニング学習法を提案した三冊をご紹介しました。英語学習法の効果は、各学習者によって差が出るため、一概にどの方法が良いとは断言できません。各学習者が、長期的な学習計画を立て、自分に合ったトレーニング法を探すことが、英語力アップに繋がる秘訣です。